■週間日記「今週のW.A.T」■
Z系の修正作業、高いご評価をいただいています
業者様からご依頼いただいた、スタッドボス修正。
Z系ヘッドの排気ボスがパッコリと破損しています。
組めば見えないし、ユーザー様は触れない部分。
だから「マフラー止まってりゃOK」が巷の修理基準?
スタッド傾いてたり、エポキシ率が高い気がします。
でもそれって、巡り巡っていつか誰かにジョーカーが。
やはり、ちゃんと直しておくべきだと思うんです。
左写真: 今回は奥底まで掘り下げ、クラック溶接。
底も怪しかったので、イチから作り直すことにしました。
右写真: 傾斜治具を使用して座標&タップ加工。
当社の修正は、傾斜治具と工作機械で精度バッチリ。
左写真: でも外観研磨は地道な手作業。
ヤスリやペーパーを使い、純正形状を精密に再現。
右写真: パリッと並んだスタッド、う〜ん気持ち良い。
これならフィルター交換時もエキパイ楽勝で外せます。
写真: 修正痕の判別はできません(因みに無塗装)
スタッド並びが狂うとマフラーフランジの脱着が困難に。
フレームに傷つくし、あれってイライラしません?
擦れてネジ山が潰れ、ナットカジってスタッド折れたり。
で、若かりし頃、親切のつもりでスタッドを曲げ調整。
そしたら根元がエポキシで、割れて自腹修理の過去が。
あの時と同じ思い、ウチの顧客様にはさせません。
年明けから修正ラッシュの当社、次の案件はこれ。
カワサキZ1のクランクケース割れ&歪み修正です。
「ケースを割ったらケースが割れた」という笑えない話。
ご自身の不手際を悔いておられましたが、どうでしょう?
古いものですから、以前から多少は悪かったような気も。
実際、クラックと関係ないところにも歪みがありますから。
でもそんなの関係なく普通に動いてるZって、ホント凄い。
メタルのクランクなら、焼きついているレベルだもん。