■週間日記「今週のW.A.T」■
業者様からご依頼いただいたゼファー転倒修理作業。
フレーム周辺の修正は完了し、次はケース側の修正。
転倒で破損したフィンとカバー端面の修正です。
まずはポッキリと割れたシリンダフィンの修正から。
マウント横のフィンが根元から欠損、ケースにも打痕が。
普通で考えたら、こんなところ割れないんだけど。
ケースの張り出しからずいぶん引っ込んだ場所なので。
なぜこんな割れ方をしたのか?というと・・
左写真: 曲がったスライダーで。そういうことです(涙)
右写真: 溶接後、面出しと粗研磨が終わった段階。
塗装焼けもなく、作業範囲は欠損+3mm程度の最小限。
特殊な低温溶接技術がピンポイント修正を可能にします。 
写真: 「どうやって削るの?」と聞かれるフィン修正。
このとおり、ペーパーとヤスリを使って地道にやります。
皆さん驚かれますが、本当に手でやります。
ダイキャストって、平面にも必ず型抜き勾配がある。
フィン隙間の奥は緩やかな勾配で立ち上がるし。
フィンも型抜きのテーパー形状や合わせ目がある。
これらの再現が、違和感を消すポイントなのです。
これが今のところ、指の感触でしか出せないんですよ。
来週はケース端面のガリ傷と変形を直します。
オーナー様はガリ傷しか認識していないようですが・・
実は端面変形のほうが直すのたいへんなんです。
しかも水抜き穴から2ミリに傷が迫る。
ダイキャスト溶接の常識的には、穴も一緒に溶ける。
まぁ、埋めてドリルで穴を開ければ済む話ですが。
が、この穴、潰さないで直してやるとか思うわけです。
男は勝負。常に勝負。限界触ることで天井上がる。
ええからさっさと仕事納めろ、という話もありますが。
小さなでっきるかな?の繰り返しが技術を鍛える