■週間日記「今週のW.A.T」■
だからと言って、納期遅れちゃダメなんだけど(謝)
オーナー様からご依頼いただいた車体O/H。
「乗り味がおかしい」と入庫した車両です。
外装をはがすと、思いのほか状態が悪く。
あれこれ寄り道で、予定の納期に作業が完了せず。
怒る間もなく、オーナー様は長期の海外出張に。
普通ならバツの悪い思いをするのですが・・
これ幸いとばかりに好き放題作業モードに。
オーナー様は海外、好きにやっても手も足も出まいw
あ、もちろん勝手作業での追加請求はありませんよ。
左写真: 前後サスをO/H。
試乗結果と顧客希望にあわせてチューニング済み。
右写真: 足回り部品も洗浄メンテでピカピカ。
「好き放題作業」の効果が目で見える部分ですね。
左写真: 見えないエンジン裏側もピカピカに。
誰も見ないしどうせ汚れるんだけど、気持ちイイ♪
右写真: 真面目な本来の作業に戻る。
スイングアームスラストを実測でシム調整。
左写真: ステムベアリングも交換。
一見無駄な大量グリスは、水やゴミ侵入の防波堤。
右写真: タイミングベルトも交換。
ST2も外装を外せば整備性はGood。良い設計です。
左、右写真: 圧縮やデスモ隙間の点検。
オーナー様が気にされていたので、ついでに点検。
数値的には、思った以上の劣化がありましたが・・
調子はいいので、今すぐのエンジンO/Hは不要。
左写真: 重い純正マフラーを社外品に交換。
パワーというより、軽量化のメリットが大きいかな?
右写真: ドカのタンク裏汚れは危険のサイン。
燃料計やポンプベースからの燃料漏れの場合が。
左写真: 前後キャリパーを揉み出し洗浄メンテ。
ローターの引きずりが少し多いような気がしたので。
右写真: 前後タイヤも交換。
空気漏れの原因は、前作業者がビード噛ませてた(怖)
左写真: ウインカー球は乾ウエスで乾拭き。
付着した埃で光量が落ち、ボヤ〜と古臭く見える原因。
右写真: 外装の真鍮埋没ナットはタップを通す。
ネジが渋いと、貴重なカウル側が割れてしまうので。
左写真: またまた真面目な整備に戻る。
台上で同調とスローを調整、現状ベストの状態に。
右写真: 最後の仕上げは実走でセッティング。
純正で車高調リンクとフルアジャストサス装備の恩恵。
写真: 車体O/H+好き放題整備でバッチリ完成。
もちろん、ご予算の範囲内に収めてあります。
ざっとのご紹介ですが、肝心のサスO/Hも自社施工。
手間ですが、仕様が一発で決まるとは限らないので。
ウチの顧客様は厳しくて、リスト項目施工で納得しない。
試乗でダメならダメ。皆さんベテランなので超厳しい。
外注してたら、また送って仕様変更しないといけない。
自分でサスやってたら、乗ればだいたい分かりますし。
そして何より、「全部自分でやること」に意味がある。
例えばこういうこと。
見えないチェン引き内側もピカピカ+ネジ部はネットリ油。
回すと「錆でジャリジャリ」とか、嫌じゃないですか?
あげく、チェン引きネジ錆びて折れ込んだりするわけです。
綺麗に洗って、ネットリ油塗っておけばもう大丈夫。
ウチの顧客様でココが錆びて固着した人、居ないと思う。
でもこんなところ、たぶん一生見ないしウチも言わない。
「問題が起きないこと」それこそが整備の本質なんです。
外注すると、こういう心配りが行き届かない気がして。