■週間日記「今週のW.A.T」■
Z1ケースのクランクノック修正です
Z系エンジンの「腰下あるある」クランクノック穴破損。
Zのクランク左右位置は、このノックピン1本で規制。
設計上スラストの力はかからんから、これでOK。
だがしかし、転倒でクランク打つと話が変わる。
このノックが全ての力を受けて、ノック穴が割れる。
割れるとクランク固定できず、左右にフリーダム。
でもこれ、誰も話題にしない。直す方法がないから?
沈黙は金なり。賢い店ほどこの話題に触れない。
左、右写真: Z屋がケース開けたらまず見る場所。
このノックピン1本でクランクの左右位置を規制。
で、転倒でクランク打つとこのとおりケースが割れる。
エポキシ修理では、クランクの振動に耐えられない。
左、右写真: だからウチは溶接+機械加工で修正。
溶接も難しいが、溶接後のボーリングも難しい。
Zのケースって、経年で歪んで既に真円じゃないので。
歪んだ既存穴と部分加工をマッチさせるのが難しい。
1枚目写真と比べたら破損と溶接の範囲が完全一致。
最小入熱で超ピンポイント溶接している証拠。
薄い残り壁やピン穴溶かさず、そこだけアルミ盛り。
この技術があるから、歪みを出さず溶接修正できる。
修正部の色味が違うのは、硬いメタルを使ってるから。
柔らかいメタル使うほうが、作業は楽なんですよ。
でも、転んででまた割れたら意味ないですからね。
自分のならこう直す。だからこう直す。趣味のW.A.T。
そして常連さんのbimota db4のタイミングベルト交換。
リアバンクのベルトカバーは完全に知恵の輪状態。
この隙間無いピッチリ感がdbのカッコ良さなんだけど。
「dbのベルト交換は、エンジン緩めて隙間作るんだよ」?
そんなことしたら、整列もエンジン位置も狂ってしまう。
空冷ドカのdb4は、エンジンにPIVがあるからね。
昔にO/Hした時、ウチで完璧アライメント出したのに。
乗り味変わって、クソほど文句言われるのは明らか。
意地でカバー外したが、今度は組めんし(涙)