■週間日記「今週のW.A.T」■
業者様からご依頼いただいたクランクケース修正。
コンロッドが折れ、ケースを押してクラックが。
開口に至らなくても、膨らんだ面積はかなり広い。
こういう破損で受けたダメージは、外観の印象以上。
目視では分からないクラックや残留応力がてんこ盛り。
でも当社では、綺麗に修正することが可能です。
写真: 全体的に膨らんだ破損部の周辺。
左写真: 当社が周辺部品の同梱もお願いする理由。
検査だけでなく、内部で飛散した破片も探して除去。
このまま組んでいたら、また壊れてしまうところでした。
右写真: このとおり、パテなど一切使用しておりません。
写真: 塗装して完成です。綺麗に修正できました。
依頼側は割れた部分しか認識しないのが修正の常。
でも修正作業の実際は、目で見えない部分にあります。
割れ目をビードで盛るのは「修正」ではなく「溶接」
当社は、依頼者様が知らない歪や潜在クラックも修正。
そして、セルで隠れ見えない部分もこのとおり綺麗に。
男は勝負。常に勝負。作業者大満足の仕上がり。
写真: 相手が息子でも勝負。
先週、ソーラーレース観戦の感想を述べたら・・・
「2時間半も1人で走った息子さんに厳しすぎる」とか言われ。
いやいや、俺だってスズカ往復6時間1人で走ってるし!
「氷もってこい」とかお題言われて、予選に間に合わせてるし!
急ぎすぎて高速で覆面ブチ抜いて、止められて怒られてるし!
レガシィワゴンの覆面、アレは分からんわ。危なかった。
ロボコンと決定的に違うのは「人が乗って競っている」ところ。
部活だろうが17歳だろうが、ドライバーの責任は重いんです。
写真: 相手が弟でも勝負。
既にプレオープンしている、毎年恒例「秋のブリ勝負」
時期がまだ少し早くて、青物の気配は薄いのですが・・・
同行者の弟(写真は私)が80cm!の大真鯛釣りやがって!
俺が作った仕掛け、俺が釣った餌、俺が言う場所に投げて!
おまけに取り込み時のタモもドラグ操作も俺がやって!
でも釣ったのは彼。悔しい。大人げないと言われても悔しい。
陸っぱりで普通無理やん?半端ないって。今でも悔しい。
鬼の形相になっていたのか?この大鯛1尾全部くれた♪
男は勝負。常に勝負。負けず嫌いであれ。