■週間日記「今週のW.A.T」■

オーナー様からご依頼いただいた、ゼファーケース修正。
カワサキ車の持病、チェンジアームのボス破損修正です。
ゼファーのチェンジアームは、ケースを貫通せず左で完結。
ケース左端の凸ボスと、スプロケカバーで受ける構造。
で、カバー外して乗ったり、チェーン外れて打ったりしたら・・
ケースの凸ボスが倒れに負けて、根元でバッコリ折れる。
普通はケース交換になるけど、ウチは実車で修正可能。
写真: 断面にはエポキシ補修痕が。そりゃ無理だと思うよ。
左、右写真: エンジンを降ろさず、実車で修正。
今回はケース裏までダメージが及ぶので、ちょい大仕事。
オイルパン外して両側から溶接後、ボス座標を精密復元。
座標復元がポイントなんだけど、工法はさすがに秘密。
左、右写真: 大事なのは座標精度だけではなく。
ボス穴径やスラスト高さなども、精密に復元する必要が。
精度が悪いとシフト遊ぶとか、渋いとか、オイル漏れるとか。
ウチは技術的に確立しているので、ソコは問題ないのだが。
左、右写真: 今回最大のピンチは、納車前夜に発生。
汚いスプロケカバー裏、サービスで綺麗に洗ってたら。
ん?手がヌルヌルするぞ?うわっ!塗装が溶けてるッ!
ラッカーやん!(涙)夜明けにウレタン塗装で証拠隠滅。
折れたボスを元どおり復元。これで大丈夫、また走れます。
カワサキ車のココを、実車で直せる店は珍しいらしく。
この数年、口コミで地味にご依頼が増えています。
ココの破損は「実車では修理不可能」が市井の常識。
溶接はできても、実車だと機械加工ができないからね。
機能させるには、機械寸法の精密な復元が必要なのだ。
ウチも昔は降ろして機械加工してたんだけど、技術開発。
芸は身を助ける。手先器用な野良犬は食うに困らん。
シャッター閉めてゴソゴソやってる、看板ない店なんか信用したらアカンでな
・・ワシやがな! オーナーさんよく入って来れたよな、その勇気に脱帽だわ
とはいえ忙しいW.A.T、一見さんの面倒相談は断りスタンス。
電話やメールで、名も言わずアレコレ聞く人がほとんどだし。
ところが今回のオーナー様、ウチを探して直接尋ねてきて。
突然来るのは結構迷惑だけど、汗には汗で返すスタイル。
更に今回は、某オクで購入も乗り出し前でこの惨状だとか。
写真では分からんもんな。俺でもモノ見ないと分からん。
エポキシ補修のボスも缶スプレーも、同業の野良犬の仕業。
中古とはいえ気の毒。神戸の野良犬がケツ拭いときまっさ。
そして釣り。5月はマジで忙しかった。久しぶりに船を出す。
外道で釣れたシマフグ。釣り人は嫌うが、河豚はフグ?
腹割ったら、うお!パンッパンの白子が!美味そう!
だがしかし。ホンマに白子か?卵巣ちゃうんか?
ウチの庭、砂場ないしな・・。暫く悩んで、海に投げた。
白く溶解しながらフワフワと沈んでゆく。白子やん(涙)
身だけ食った。固い鶏胸肉だった。河豚やなくて海鶏。
白子美味そうやったな。イモッた自分に後悔しかないわ。