■週間日記「今週のW.A.T」■
        ■お知らせ■
9月、10月、11月は偶数日のみの営業となります。
奇数日はお休みとなりますので、ご注意ください。
(予約作業、緊急作業はこの限りではありません)
フレームの修正です
業者様からご依頼いただいた、フレームの修正。
転倒により、カウルボスが根元から千切れました。
最近主流のキャストフレームならではの破損。
鋳造技術の進歩で、安く、軽く、複雑な形を実現。
その反面、薄く、脆く、こんな悲しい壊れ方も。
今回はコスト優先で、機能回復だけのご依頼です。
左写真: 表裏一体の複雑なキャストパネル。
溶接を減らすのは、コスト的にもリスク的にも◎。
でも結局ガセットで辻褄合わせがカワサキらしい。
右写真: 作業前に修正機上で検査&座標取り。
左写真: 開口部周辺には大きな凹みが。
あまりに不細工なので、できるだけ引き出します。
右写真: 引き出し後。
凹んだ鋳物を割らずに引き出すのは至難の技。
左、右写真: 修正機で座標を出し、ボス溶接。
塗装際まで迫る溶接ビードは、低温溶接の証拠。
上の写真で見えるクラックも、ビード幅内で処理。
特殊な溶接技術が可能にする仕上がりです。
写真: 完成です。塗装は業者様側で。
修正機上で座標を取っているので、精度も抜群。
当初は外観不問、凹み分長いボスを溶接の見積。
凹を引き出すより、長ボス作るほうが安いんです。
しかし、わざわざ遠方の当社へいただいたご相談。
せっかくなので、凹みも直しておきました。
写真: 昨年からの宿題、秋のブリ釣り。
釣れてるの〜w?と皆さんに聞かれますが・・
毎回、ツバス(ブリの子供)しか釣れてません。
そんなある日、ドラグから豪快な音が。
ついにキターッ!と心の中でガッツポーズ。
が、この手ごたえ、大物だけど何かおかしい。
上がってきたのは、体長1メートルの「ダツ」
珍しい大物だけど、これじゃないんだよね・・
唐揚げにしたら、おいしかったらしいけど。
      ■業務連絡■
9月17日東尋坊ツーは台風のため中止です。