■週間日記「今週のW.A.T」■
シリンダフィンの修正です
オーナー様からご依頼いただいた、油冷フィンの修正。
前作業者さんが頑張ってパテで直していたのですが・・
ヒートサイクルでパテ根元が割れ、残念な感じに。
スズキの油冷フィンは薄く&細かくて、整列に敏感。
「並び」や「張り」が少しでも狂うと、修正痕が分かる。
型抜きテーパーも浅いので、綺麗に直すのはたいへん。
写真: 熱で割れ、垂れたパテ。
左写真: パテ製のフィンを外して下処理。
右写真: 溶接・研磨で概ねの形を作ったところ。
実車修正は作業姿勢が厳しくて、腰と背中が痛い。
でもシリンダをバラすと工賃かかりますしね・・・
左写真: 外観研磨終了後。
写真のとおり、パテは一切使っていません。
右写真: 捨て吹き研磨して面歪を確認&微調整。
自動車ボディの板金塗装と同じ精度で直します。
写真: ウレタンで調色・塗装して完成。
綺麗に修正できました。修正痕の判別はできません。
油冷フィンを直したことがある方なら、驚く品質でしょう。
当社の修正は母材と同じアルミを使用した恒久修正。
当社独自の特殊な溶接方法により、入熱量は最小限。
エンジン温度は運転時以下、作業中も素手で触れます。
キチンと直したい方は、当社までご相談を。