■週間日記「今週のW.A.T」■
クランクケースの修正です
業者様からご依頼いただいたケース修正。
ケース左側のカバー用ボスが上下2箇所破損。
前作業者はエポキシの中にアルミボスを埋設。
この手法、ネジ山強度は確実に上がります。
それでもやはり、エポキシではダメなんです。
恒久修理は、ダイキャスト溶接しかありません。

写真: エポキシで直されたボス2箇所。
左写真: 上ボスのエポキシを除去した状態。
端面に歪も確認できます。
右写真: 修正後、塗装前の状態。
写真のとおり、パテなど一切使っていません。
左写真: 下ボスのエポキシを除去した状態。
見積段階での印象よりも大きなダメージが。
右写真: 修正後、塗装前の状態。
これだけ大きな破損でも作業範囲は最小限。
左写真: 見えない内側もこのとおり。
当社独自の特殊な溶接板金技術が成せる技。
右写真: 塗装後は全く分からなくなります。
内側不問のご依頼ですが、やはり気持ち良い。
写真: 完成です。歪も綺麗に修正できました。
外観から修正痕の判別はできません。
これが当社の修正品質、高い技術の証明です。

最近ご依頼が増えている、Z系の部品修正。
Z系専門業者様、「直せるなら捨てなかったのに」
直せる例を示しとくべき、と熱く言われたので・・
暫定でZ系部品の修正ページを作りました。
修正例になくても、ほとんどの場合で直ります。