■週間日記「今週のW.A.T」■
業者様からご依頼いただいた空冷フィン修正。
最近問い合わせの多い、Z系の部品再生作業です。
Z系は部品も枯渇してきて、修正の需要が増加中。
KHIがヘッド再販したけど、周辺の反応はイマイチ?
「全体にツルツルで質感がゼファーみたい・・」だとか。
鋳型の段とかバリとか、Zの当時感が皆無だそうで。
「見て分かるのは致命的で、価値が下がります」と。
個人的には再販ヘッドで良いと思うのだけど・・
写真: 当社で修正したフィンを裏側から。
指の入らない裏側も型抜きのテーパーを精密に再現。
皆さんに絶賛される、フィン横の型合わせバリも再現。
実はこれ、彫刻技術よりも溶接技術が問われる。
残存バリ溶解や際ブローを入れない溶接技術が必要。
でも作業者的に一番難しいのはフィン並びの修正かな?
新作する部分「は」並びも倒れも自由自在ですが・・
破損時に根元や周辺がコケている場合が多いのです。
これを戻し、幅も高さも整列も綺麗に揃えるのが難しい。
写真: 実車で見えるアングル、表側から。
写真のとおり、パテなど一切使わずアルミだけで修正。
Zのフィン勾配は真っ直ぐに見えて実は微妙なRが。
だから型抜きテーパーで真っ直ぐ引くと違和感が出る。
前述した破損時の倒れ含めて、ココが一番のポイント。
恐らく再販ヘッドは型抜きテーパー沿いで真っ直ぐ。
「ゼファーみたい」の印象はたぶん「そこ」が理由です。
格安で再販してくれたヘッドに文句言っちゃダメだけど。
将来的には、オリジナルヘッド車が貴重になるかも。
Snap-onの旧ロゴにときめくのと同じ?
そして覇王トヨタのブランド力を象徴するGRコペン。
ダイハツの軽コペンをベースにトヨタGRがトッピング。
今のEPSって優秀ね。クルマのハンドリングまで演出。
JTECT製?KYB製?GR床補強よりEPS性能に感動。
GRサスは乗り心地も良くてマイルド志向の快適サス。
でも基本的に重心が高いクルマで、スポーツは微妙。
実用エンジンだからクルマのバランスが成り立つ感じ。
「GR」の30万は速さではなく乗り心地と内外装の値段。
どちらかといえば、「ゴージャス・リフォーム」かな?
ダイハツがあと30万かけれたら、もっと面白かったカモ。
フライホイールピンッピンの「コペン・デ・トマソ」とか。
でもダイハツだと高いクルマは売れないんだよな・・