■週間日記「今週のW.A.T」■

その意見が正しいか、正しくないか、なんか関係ない。
そもそもオマエの意見なんか求めていない、という話。
そこは学歴で決まる。チヌはマダイになれんとフグは思う。
業者様からご依頼いただいた、絶版部品の修正作業。
電気式メーターの、パルスギアケース修正です。
過去作業者の誤組みにより、回り止めの突起が破損。
止め失って、ケースとカラーの圧入部が回転力を受け。
カラー緩んで、アクスル締めてもケース回って使えない。
回り止め突起を再生すれば直るわけですが。
本体は亜鉛?アンチモン?溶接できるのかすら判らん。
壊したら大問題。もう中古部品もないらしい。ヤバいね。
左写真: 現実は厳しい。アーク飛ばした瞬間大爆発。
やはり亜鉛ダイキャスト。極小突起の溶接は至難の業。
亜鉛は融点も沸点も低くて、一瞬で蒸発してしまうのさ。
右写真: 溶接後、研磨で回り止め突起を再現。
左、右写真: ついでに保護カバーも修理しておく。
千切れたゴムカバー、前作業者さんがビニテ巻きしてて。
触るとベタベタして嫌。端子抜いて、収縮チューブ入れる。
工場長さん一瞬で気づいて、メッチャ喜んでくれた。
亜鉛素材のダイキャストですが綺麗に直せました。
写真のとおり、薄物部品の極小突起をピンポイント修正。
しかも5ミリ横の塗装すら焼いていないという。
亜鉛は溶接が難しい。アーク出した瞬間に蒸発するから。
だから太い棒でアーク受けて、熱容量増やしての瞬間芸。
と、偉そうに能書き垂れるが、やってる最中はドキドキよ。
だって、みるみる蒸発して消えてゆくからね。
ま、イロイロやってりゃ技術の引き出しも増えるって話で。
そして常連グッティがプリプリ怒ってやってきた。
昨年必死こいて超大型オイルクーラーを取り付けたGSF。
超ウルトラ細かいグッティも納得した、W.A.T会心作です。
・・鹿と激突して渾身のオイルクーラーが曲がったらしい。
おまけにチタンエキパイも凹んだらしい。
飛ばしすぎやっちゅうねん。転ばんかっただけラッキー。
ちゅうかシシ神様轢いたらデイダラボッチに命吸われるで。
ちゅうか鹿出るの!?ヤバッ!パニガーレ速攻返したw
常連IMATYさんが貸してくれてたパニガーレV2ベイリス。
バネとサイドカバーに隙間あるのに、保護フィルムが破れ。
実はスプリングって、膨らむ以上に撓んでストロークする。
ドン!と押されると、グキッ!と「く」の字に折れるわけさ。
この時、線は捻られないので反力は並行移動。
長いスプリングほど顕著で、ハーシュ感が軽減される理由。
と、いう話を、昔、某社の設計さんに力説したのだが。
低学歴の話は完全スルーされ、テスター値で物事が進んだ。
破れたこの保護フィルム見たら、納得してくれてたかな?